雨を連れゆく好好聽




作詞:裏花火
作曲:秦野P
唄:鏡音レン


つないだ手が、冷えてゆく
溢れる水に洗われて
君のその瞼が白く溶けた

ここが君のたどりついた場所
ここが僕のたどりついた場所

道は果てなく 背(せな)に続き
長い長い 水路 伝い 落ちる

あの日から遠くまで来た
違(たが)えた道が再び重なり
ここで途絶(とだ)えた

留めることは誰にもできなかった
ともに歩んだ道は間違いじゃなかった
ともに違えた道も間違いじゃなかった

透明に 透明に 交差してゆく
指にひとかけの、あまやかな鼓動(こどう)
透明に透明に 君が溶けゆく
雨にひとすじの、やわらかな朱色(しゅいろ)
君の名残(なごり) 僕は泣かない

ふさいだ目が冷えてゆく
こぼれる土に覆(おお)われて
君のその空蝉(うつせみ) 花と還る

ここが君のたどりついた場所
ここが僕のあるきだす場所

道は果てなく 夢をつなぎ
遠く遠く命重ね行く

ああ この広がる草原(くさはら)
(満ち溢れた君の匂い)
決して忘れはしない
(忘れるものか)

あの日から遠くまで来た
違えた道が再び重なり
ここに始まる

透明に 透明に 交差してゆく
指にひとかけの、あまやかな鼓動
透明に透明に 君が溶けゆく
雨にひとすじの、やわらかな朱色

透明に 透明に まどい溶けゆく
かげにひと染みの、あざやかな緑
透明に透明に 空が溶けゆく
雲にひとすじの、やわらかな光

君の祈り、僕は連れゆく 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)