memo

Lonely Runner
作詞・作曲:れれれP
唄:KAITO・鏡音レン


嫌(いや)だなほらまた自分ばかり 吸い込まれていきそうな罠に
爪痕だけを残して去って リセット始まるのはあさって

見たい"未来"みたいに恥じらい 居ないみたい期待に逆らい
ボクはどこか探して迷って いきなり目が醒めてAM2:00

狭いビルの間 細い路地裏(ろじうら)
目隠しで綱渡りしてる
それは白い羽根を
はためかせ 今 去ってゆく

右手に赤い花 左手に空
裁きはもう 待ってはくれず
鐘が知らせる朝 降りてくる使者
「ボクは見てた。」

強さと痛みをひとつずつ持って
生まれた僕らは今日も生きてゆくけど
明日の未来も 予測(よそく)できないストーリー
孤独な想いが宙(ちゅう)に舞って 別離(はな)れて…

恐(こわ)がり痛がり避けてばかり 強がり欲しがり矛盾(むじゅん)ばかり
曇った視界に見える手と手 やけに冴(さ)えて堕ちてゆく目と目
おどけてふざけてはしゃぐピエロ 目障りなモノは全て 
キエロ
刹那の瞬きの瞬間に どこかの惑星(ほし)で告げるスタート

人波の喧騒(けんそう)に いざ武器を手に 
立ち向かえば 勇者になれる? それは黒い羽を 
はばたかせ 今 
あらわれる

時に足をとられ 行く手阻まれ 
無敵のヒーローを 待ってる
くすぶり始めている 無限なキミを
「ボクら見てた。」

天使と悪魔が交互(こうご)に囁く
世界で僕らは振り回されているだけ
何にも無かった 予測しがちなストーリー
解けないロジック残したままで 分岐(わか)れて…

この手を握って離さずにいれば
「コタエはどこかで出るはずだ」と知ってた
都合(つごう)の良い様に 過ぎてくれないストーリー
届かぬ願いは宙に舞って

強さと痛みをひとつずつ持って
生まれた僕らは今日も生きてゆくけど
明日の未来も 予測できないストーリー
孤独な想いが宙に舞って 別離(はな)れて… 

分岐(わか)れて…

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)